戦国基礎知識 戦国通を名乗るなら、押さえておこう基礎知識

Pocket

このサイトでは戦国時代・武将についていろいろお話している訳ですが、「あの言葉の意味はこれで合ってるのかなぁ」とか「この言葉はイマイチ意味が掴めないのだが」とか思われることはありませんか。

 

知っているようでも細部までは詰め切れていない、そんな知識を今一度おさらいしておきましょう。

スポンサーリンク

戦国時代っていつ?

そもそも日本史の時代呼称はどうなっているのでしょう。原始・旧石器時代から始まって縄文、弥生と続きますが、日本全土を支配下に置く統一政権が成立してからは、政権母体の、あるいは政権の所在地の交代ごとに、時代名が付けられて来ました。

 

飛鳥、奈良、平安、鎌倉と来て、この後少しややこしくなります。鎌倉、室町、安土桃山、江戸と進む説と、その間に南北朝、戦国を挟む説が有るのです。それも単純に順番に挟み込んでいく説と、室町の中に南北朝と戦国を含ませる説と、二通りあります。このあたりはもう研究者それぞれと言ったところで、統一見解は無いようです。

 

では肝心の戦国時代はいつからいつまでかと言うと、応仁の乱が始まった応仁元年(1467年)から、織田信長が将軍足利義明を奉じて上洛した、永禄11年(1568年)までと言うのが一般的な説です。

 

この後信長、秀吉の安土桃山時代を経て、家康が江戸に幕府を開いた慶長8年(1603年)から始まるのが江戸時代です。

 

つまりざっと100年間、日本中のあちこちでしょっちゅう戦が起きていたのですから、その間に生まれ合わせた2世代か3世代の人間、特に庶民にとってはたまったものじゃありませんでした。たまたま自国の領主が力を持っていて、平和な暮らしが送れても、いつ崩れ去るかわからない不安定なものでした。

 

 

戦国大名の定義は?

室町時代までは中央の政権に替わってと言うか、下請けとして地方の国を実際に統治していたのは、“守護大名”でした。彼らは年貢も取り立てましたが、道や河を整備して通行の便を計り、野盗を捕らえる警察の機能も果たしました。

 

その後に出て来る“戦国大名”とどこが違うかと言うと、“守護大名”は室町幕府から任命された “役職”だったのです。まず中央政権ありきでした。“守護大名”の手に余るような事態が起これば、中央政権が乗り出してきます。ここが一国一城の主として独立していた“戦国大名”との、根本的な違いです。“戦国大名”の収めかねる問題が起きても、誰も助けに来てはくれません。さっさと隣国の領主に喰われてしまうだけです。

 

ですから室町幕府が弱体化して、その権威が失われて行くに連れて、幕府の権威に寄りかかって己の地位を保っていた“守護大名”は没落して行きます。反対にそれほど幕府の権威を必要とせず、自身が力を持っていた“守護大名”は、そのくびきから逃れて“戦国大名”へと変身して行きます。

 

彼ら“戦国大名”は、中央政権の力や権威を借りずに領国を治め、軍事・外交・税制も自らの力と考えで差配しました。そして倒れ掛かった幕府に替わり、「我こそは天下に号令せん」と思った者たちにより、日本列島総沸騰状態の戦国の世が始まりました。

 

日本のあちこちで戦端が開かれ、裏切ったり裏切られたり、同盟を結んだり破棄したり。婚姻関係や人質を送ったりして、自国の安泰を図ろうとしましたが、ある程度の効果しか望めなかったのはご承知の通り。

スポンサーリンク

戦国大名成り立ちのパターン

この時代の主役を張った戦国大名の成り立ちは、いくつかのパターンに分けることが出来ます。以下代表的なものをご紹介します。

 

・守護大名から戦国大名への横滑りパターン

守護大名として幕府から領国を預かっていたのが、弱体化した幕府の力に頼れず、自らの権力基盤を強化して、戦国大名へと変身して行ったパターンです。もともとの領国は有ったわけですし、支配体制も整えていたわけですから、成立しやすかったと思います。

 

足利氏の一門で、代々駿河の国を治めていた今川氏、甲斐の国の守護職であった武田氏、豊後の国の大友氏、薩摩の国の島津氏などがこのパターンです。彼らは戦国大名として自立するとともに、周囲の国へ侵攻をはじめ、時代を戦国の世へと導いていきます。

 

・守護代から戦国大名へのパターン

これは「守護大名から」の亜種になるのですが、守護大名は京の都に屋敷を構えて住み着き、中央の政務に携わる者が多かったのです。領国の事は家臣の中から代官を任命して、支配を代行させました。これを“守護代”と呼びます。最初の頃は一代限りの職でしたが、いつの間にか世襲化して行き力を持ち、実質的統治者になります。

 

越後の国守護代長尾氏に出自を持つ上杉氏、越前の国守護代朝倉氏、尾張の国守護代織田氏、阿波の三好氏、出雲の尼子氏などが代表的な例です。

 

・国人領主から戦国大名へのパターン

国人(こくじん、くにびと)とは、国人領主、国衆、在国衆とも呼ばれ、国元土着の実質的な領主を指します。守護大名の下で農民層を直接支配していたのは彼らでした。

 

守護代との違いは、国人は鎌倉時代の地頭を源流としており、身分は高くありませんが、地元豪族など地域密着型の支配者です。守護代が守護大名から任ぜられた者であるのに対して、国人はむしろ守護大名に対抗する勢力でした。

 

外部からやって来て、自分たちの頭を押さえつける守護大名など、隙あらば追い出してやろうと常々思っているところへ、中央政府の弱体化と言う絶好のチャンス到来。代々地域に根を張っていた国人は、地元住民の応援も得て、下剋上を果たします。そもそも「下剋上」と言う言葉は、下のものが上のものを実力で倒す、この頃の世相から生まれた言葉なのですから。

 

国人領主としては、土佐の豪族出身の長宗我部氏は、秦氏を祖先に持ち一時は四国全土を支配します。肥前の龍蔵寺氏は、主君の少弐(しょうに)氏から独立し、勢力を拡大します。安芸の国の毛利氏は、陶氏、尼子氏を倒し中国地方を制覇します。

 

この3パターンに当てはまらず、自分の度胸と頭脳で成り上がって行った、斎藤道三や豊臣秀吉のような例も当然あるわけです。

 

 

武士の食事

気分を変えて、次は武士の食事風景を覗いて見ましょう。一般的にこの頃の武士の食事は、基本的に朝夕の1日2回(朝の8時頃と午後2時頃)。夜食は夜遅くまで務めがある時などに限られました。

 

主食は玄米で赤米や黒米・雑穀などを、1日に5合も食べていました。必要カロリーを、ほぼ主食だけから摂取していたようです。白米は、大名など身分の高い者だけが口に出来る贅沢品でした。

 

これを現代のように釜で柔らかく炊いたものを「姫飯(ひめいい)」、蒸籠(せいろう)で蒸し上げたものを「強飯(こわいい)」と呼びます。中級以下の武士の家庭では、雑炊にして量を増やす工夫もしました。

 

「強飯」は汁をかけて食べるのが一般的で、織田信長が好んだとされる湯漬けは、飯に漬物を乗せだし汁をかけたものです。今で言う汁かけ飯つーか、ねこまんまですが、一気にかき込めて腹もくちくなります。気の短い信長様には打ってつけだったのでしょう。

 

副菜は1品か2品、それに汁と漬物のセットが平均的なところです。汁物は味噌汁や塩味の野菜汁、おかずは余裕のある家庭では、鳥肉や魚肉が付くこともありますが、ほとんどが野菜の煮物や梅干し程度でした。

 

味付けは塩、味噌、酢、ひしお(魚醤)などで、肉体労働が多い生活でしたから、濃い目が好まれました。信長様もからい物大好きだったようで、だから怒りっぽかったのかしらん?

 

対して健康にも気を使った家康は、生涯を通じて麦飯一辺倒。それに豆味噌の味噌汁を合わせていました。麦と大豆の2大健康食品を良く摂取したおかげで、75歳の長寿を保ちます。

 

秀吉の好物は味噌味の焼き蛸、今でもお酒のあてになりそうですが、蛸のタウリンは、秀吉の回転の速い頭脳を支えたのでしょう。晩年に好んだのは割粥と言って、米の粒を砕いてから粥に煮たもの。いかにもお年寄りの好みそうな食事です。

 

でも子供の頃の貧しかった思い出が有るのか、常々「一番の馳走は山盛りの麦飯」と言っていました。まず腹いっぱい食べられること、これが第一だったのです。

 

このように普段の食事はいたって質素でしたが、これが客をもてなす宴会の饗応料理となると、段違いに豪華なものになります。また、戦場での食事にも工夫が凝らされていましたが、そのあたりのお話はまた次の機会に。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です