マイナーだが光る武将

マイナーだが光る武将

「肥前の熊」龍造寺隆信を恐れさせた男・神代勝利、きっかけは「夢を買った」こと!?

立身出世物語や強大な敵に立ち向かうヒーローには、どうしたって憧れてしまいませんか? 今回ご紹介する神代勝利(くましろかつとし)もまた、その要素を2つ持ったヒーローなんですよ。戦国時代の九州・肥前(佐賀県・長崎県)において…

マイナーだが光る武将

滅びゆく北条一族の中で唯一の名将・北条氏規、家康との友情が導いたその後の人生

関東の北条氏は、豊臣秀吉の小田原征伐で滅んだという認識が一般的かと思います。しかし、直系ではない一族はちゃんと続いていました。その始まりは、滅びゆく北条氏において唯一「ちゃんとした」目を持っていた人物・北条氏規(ほうじょ…

マイナーだが光る武将

こんなに尽くしたのに…! 新発田重家、主家への怒りの挙兵の理由は誰もが納得!

戦国時代ですから、生存競争は激烈ですよね。 下剋上も珍しくなくなりますから、家臣が主君に反旗を翻すのは少なからず起こることでした。 中でも、今回ご紹介する新発田重家(しばたしげいえ)は、主君・上杉景勝(うえすぎかげかつ)…

マイナーだが光る武将

西軍だけどお咎めなし! 朝鮮との国交回復に奔走した宗義智、ホントは国書偽造しましたゴメンナサイの巻

関ヶ原の戦いで、西軍に参加していた武将の中でお咎めを受けなかった者は島津義弘(しまづよしひろ)くらいの者かと思っていましたが、ここにもいました。宗義智(そうよしとし)。 なぜ彼がお咎めなしだったかというと、対馬(つしま)…